So-net無料ブログ作成

もう手放せない! 男性にも広がるストール人気(産経新聞)

 手持ちの服にアレンジを利かせ、手軽に雰囲気を変えられるストールが人気だ。首周りの日焼け防止や、空調が入ったオフィスなどでの体温調節にも便利と、手放せない女性も多い。

 そんなストール人気が今、男性にも広がっている。防寒用に買い求める中高年男性が多かった数年前に比べ、若い世代がファッションとしてとらえるようになったためだ。そごう神戸店(神戸市中央区)では、1カ月の売り上げが昨年の3、4点から、今年は30点に急成長している。しかも客層は昨年の50〜60代から20〜40代へと若くなっている。

 人気の高まりを受け、同店ではアイテム数を80種類に拡大。従来はグレーやベージュの無地など地味なものが多かったが、今年は春夏によく合う黄色や水色、薄紫色などカラフルな色合いや、チェックやボーダー柄も取り入れ、デザイン性を高めた売り場に刷新した。

 綿や麻、絹、レーヨンなど素材のバリエーションも豊富だ。アレンジの幅が広がるロング丈や、シワ加工を施したものもあり、「カジュアルウエアと合わせやすくなったのが今年の特徴」と、紳士用品係の大森英樹係長は話す。

 価格は4200〜1万2600円で、よく売れるのは手ごろな5千〜7千円台。店頭で試着して決める男性や、バレンタインデーや誕生日などの贈り物にする女性も多いという。

【関連記事】
シック、女性用替え刃式「ポーチ」で販促
高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り
激安に揺れるジーンズ老舗 ビンテージは変わらず強いが…
ネット通販支援、上海にスタジオ ダイアモンドヘッド
10年春夏神戸コレクション まばゆいカラーモード
外国人地方参政権問題に一石

<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ(産経新聞)
基礎収支黒字化か赤字比率削減=数値目標絞り込みへ−財政健全化法案(時事通信)
民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)
山崎さんシャトルの鮮明な写真=宇宙基地離れる際撮影−野口さん(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。